ズバリ錠


メーカー:中央薬品
薬効分類:解熱鎮痛薬
剤形  :錠剤
指定第2類医薬品
効能効果
頭痛・歯痛・神経痛・月経痛(生理痛)・抜歯後の疼痛・咽頭痛・耳痛・関節痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛
悪寒・発熱時の解熱
$OW使用上の注意
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故がおこりやすくなります。)
1.次の人服用しないで下さい。
(1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)本剤または他の解熱鎮痛剤、かぜ薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。
2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないで下さい。
他の解熱鎮痛薬、かぜ薬、鎮靜薬、乗物酔い薬
3.服用後、乗物または機械類の操作をしないでください。(眠気があらわれることがあります)
4.服用後は飲酒しないでください。
5.長期連用しないでください。
$GA相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください。
(1)医師または歯科医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)水痘(水ぼうそう)もしくはインフルエンザにかかっているまたはその疑いのある小児(7才以上15才未満)。
(4)高齢者
(5)本人または家族がアレルギー体質の人。
(6)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(7)次の診断を受けた人。  心臓病、腎臓病、肝臓病、胃・十二指腸潰瘍
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師または薬剤師に相談してください。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合。
関係部位:症状
皮膚:発疹・発赤、かゆみ  消化器:悪心・嘔吐、食欲不振  精神神経系:めまい
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
ショック(アナフェラキシー):服用後すぐにじんましん、浮腫、胸苦しさ等とともに、顔色が青白くなり、手足が冷たくなり、冷や汗、胸苦しさ等があらわれる。
皮膚粘膜眼底症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)中毒性皮膚壊死症(ライエル症候群):高熱を伴って、発疹・発赤、火傷様の水ぶくれ等の激しい症状が、先進の皮ふ、口や目の粘膜にあらわれる。
肝機能障害:全身にだるさ、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)等があらわれる。
ぜんそく
(2)5〜6回服用しても症状が良くならない場合。
用法・用量
いずれも1日2回を限度とし、なるべく空腹時をさけてください。服用間隔は6時間以上おいてください。
1回 15歳以上:2錠 7歳以上15歳未満:1錠  7歳未満には服用させないで下さい。
成分・分量
1日量(4錠)中
エテンザミド:1000mg アセトアミノフェン:600mg 2つの成分の組み合わせがさまざまな痛み、熱の症状をおさえます。
無水カファイン:140mg 痛みをおさえる成分の働きを助けます。また脳血管の緊張をやわらげて、頭痛を鎮めます。
アリルイソプロピルアセチル尿素:120mg 痛みをおさえる成分の働きを助けます。
添加物として、結晶セルロース、クエン酸Ca、カルメロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、黄色5号を含有。
保管及び取扱上の注意


お客様相談窓口 中央薬品株式会社
076-493-5010